介護施設向け、個人向け音楽療法サービスの株式会社Leaf音楽療法センター

音楽療法とは

音楽療法とは

音楽の持つ様々な特性や働きを意図的にセラピーのツールとして利用していくことで、心身の健康や、情動の秩序化などに役立たせるものです。心を癒したり躍動させたり、過去の思い出を懐かしんだりするなどの活動を行い、認知機能の維持、脳の活性化、社会性、意欲、積極性、残存機能の向上などを狙います。
また、音楽はコミュニケーションであり、娯楽であることから、参加する皆様が楽しんで取り組める、それこそが音楽療法の大きな魅力です。

現在の日本における音楽療法

我が国においては、高齢者施設、児童施設、病院などの、福祉・教育・医療分野などを中心に積極的に取り入れられております。
一方でメンタルヘルス・ケアや、精神保健、健康の維持のためにも応用されるなど、幅広い分野で活用されるようになってきました。
超高齢社会を迎えた現在では、お年寄りのための音楽療法が特に注目を集め、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上や、生きがい支援、また予防医療や予防介護の一環として、重要な役割を担っています。

  • セッション風景
  • セッション風景
  • セッション風景

このページのトップへ