介護施設向け音楽療法サービスの株式会社Leaf音楽療法センター

施設向け音楽療法導入施設様の声

大和ハウスライフサポート株式会社 もみの樹・杉並 生活サービスグループマネージャー 鈴木 洋子 様

大和ハウスライフサポート株式会社 もみの樹・杉並 生活サービスグループマネージャー 鈴木 洋子 様 Leafの音楽療法を導入したきっかけを教えてください。 当時のレクリエーションは施設内での歌唱活動、ボランティアによる音楽レクリエーションなどにとどまっており、サークル活動としてしっかり取り組めるコンテンツを模索していました。
そのタイミングでLeafさんのトライアルセッションを実施したところ、ご入居者様が大変楽しみながら参加されている様子や「楽しかった」「また来て欲しい」などの感想が多かったので、継続的な導入を決めました。

導入後、3年が経過しますが、参加者様の様子はいかがですか? まず、他のレクリエーションに比べて音楽療法への参加率が非常に高いです。
ご参加の皆様が毎回楽しんで活動されています。特に記憶想起を促すコミュニケーションからの歌唱など、当時の想い出を懐かしみながら穏やかな表情に変化するのが印象的です。そして週に1度の音楽療法の時間が日常生活の一部になっているので、心身ともに安心されて毎回の活動に取り組まれています。

セッションを担当している音楽療法士の特徴はどんなところだと思いますか? とにかくお一人お一人との関わりを大事にしてくれていると感じています。
セッション中はもちろん、セッション前後の関わりもしっかりと持っていただいています。
声かけが非常に優しくて丁寧なので皆様も心地いいのだと思います。音楽療法士さんのファンがいっぱいいますよ!

音楽療法の魅力はなんですか? 元気になる、笑顔になる、楽しい気持ちになれる活動だと思います。
また、レクリエーションの中でもみんなで一つの活動に取り組めることが少ない中、音楽療法ではフロアも関係なく一同に会して参加することができ、同年代を過ごしてこられた皆様にとっては参加者の皆様同士で共感する所も多く良いコミュニティに繋がっています。

このページのトップへ