音楽療法を学ぶ

Musicise School&Seminar
音楽療法を学び、始めたい方のために

高齢化社会に必要とされる新しい音楽の形として、今、音楽療法が注目されています。昨今、高齢者の病気の1つに有名な認知症ですが、音楽療法が心理的症状の緩和に有効であるというデータが増えており、音楽療法を行うことで感じられる豊かな心が、老後の新たな喜びとして認知されはじめているのです。

そのような背景のもと、高齢者の割合増加に伴う音楽療法の需要は拡大しており、音楽が担う役割はとても重要になってきました。しかし、音楽療法と名前を聞いたことはあっても、それがどんなものなのか、知る機会は少なく、需要に対して音楽療法士が不足していることが現状です。

本講座では、多くの音楽療法の知識の中から、高齢者福祉における音楽療法について最低限必要な知識を学び、まずはスタートラインに立っていただくこと、そして、高齢者の皆さんに音楽を届けられる人を多く育成することを目標としています。人と人との触れ合いを大事に、明るく振る舞うあなたなら、間違いなく素敵な音楽療法士になれます。あなたの音楽経験をさらに広げて老人ホームや様々な施設を巡ってみませんか?
音楽を愛する人にとって、多くの人の喜びを肌で感じ、やりがいと充実感のある、とても魅力的な職業です。

POINT
講義の特徴

仕事に直接つながる

Leaf所属音楽療法士として、高齢者施設での音楽療法を提供できるセラピストを目指す特別なプログラムです。プログラム受講修了者にはLeaf音楽療法センター認定Senior Musicise Therapistの資格を取得する事ができ、最終試験合格者は弊社契約施設様への定期的な音楽療法のお仕事を依頼いたします。

高齢者・福祉施設での活動に
限定したプログラム

高齢者福祉施設での活動に限定した実践的プログラムなので、短期間で学ぶことができます。ピアノ又はキーボードなど鍵盤楽器で伴奏が弾ける方ならどなたでも受講可能。仕事の幅を広げたい方や、音楽を福祉に活かしていきたい方にとって魅力的なプログラムです。

現場レベルでの学び

音楽療法の知識ももちろん重要ですが、それ以上に知識を現場でどう活かしていくのか、まさに現場力を重視したカリキュラムとなっています。およそ6カ月後には一人で高齢者の皆さんの前に立ち、事前に考えた1時間の音楽療法プログラムを提供できるよう、学びをサポートしていきます。

経験豊富な音楽療法士による講義

講師は最前線で音楽療法を提供してきた現役の音楽療法士が教えます。集団を対象としたノウハウはもちろんの事、現場の体験談や場面に応じた音楽の届け方など、常に実践に役立つ「知識と経験」、そして、あなたが向いている役立つ技術をお伝えいたします。是非、あなたの音楽療法スタイルを講義の中で見つけてみてください。

MESSAGE
講師からのメッセージ

VOICE
受講者の声

STEP
音楽療法士になるまで(入学後の流れを大まかにご紹介)

STEP 1. 入学

まずは、資料をお取り寄せください。受講お申込書を同封いたしますので、必要事項をご記入いただき、「弊社Musicise講座担当宛」までお送りください。事前に講座説明の機会を設けさせていただくことも可能です。お気軽にお申し付けください。

STEP 2. 講義

定員6名の少人数クラスでの開講となり、実施日は参加者皆さんの可能な時間にできる限り調整しています。事前にオリエンテーション含む講義日程を調整後、弊社事務所にて、講義を行います。※一部オンラインで実施する場合もございます。

STEP 3. お仕事の紹介

卒業試験を一定の成績で終了された方は当センター所属の音楽療法士として登録していただけます。登録後、一定の研修を経て、実際にお仕事として音楽療法の現場を依頼、担当していただきます。

DETAILS & PRICE
詳細と料金について

取得できる資格
Leaf音楽療法センター認定 Senior Musicise Therapist
講義内容
基礎科目
高齢者音楽療法とは
高齢者の理解
音楽療法概論Ⅰ
音楽療法概論Ⅱ
伴奏法及び活動バリエーションⅠ(回想法)
伴奏法及び活動バリエーションⅡ(身体活動)
伴奏法及び活動バリエーションⅢ(楽器活動)
ロールプレイ

実習科目及び試験
音楽療法現場見学
チャレンジセッション
卒業試験
受講条件
ピアノで簡単な伴奏が弾ける方
仕事の幅を広げたい方
音楽をヘルスケアに活かしていきたい方
※音楽療法を学んだことはあるがブランクのある方からのご応募もお待ちしています。
受講料
180,000円(税別)※教材費・研修費・事務手数料込み